Yoshiki at Grammy Museum ♪~♫~♬

Yoshiki 
“ An Evening with Yoshiki (YOSHIKI to no Yoru) ” 
 
ひょんなことから、X-JapnaのYoshikiさんが
ロサンゼルスでライブをやるという情報を入手した!
 
えっーーー!!
観に行きたい!
でも、どうやってチケットを購入するのだろ??
 
 
既にチケットを購入したという友達に聞いてみた。
まずアメリカン・エキスプレスを持っていると
先行購入ができるという。
 
ゲッ! (゚_゚i) 
持ってない!!どうしたらいい??
 
 
他のカードだと一般発売される日から
購入できるということだった。


えー!!その日までまだ日にちがある~ぅ。。。(;´Д`)ノ 

 
きっと、その日までに完売してしまうだろうと
半分以上あきらめていたが、「一般発売日」に
取り合えずトライしてみた。
 
 
Wow!! Great!!  
ヤッター!! о(ж>▽<)y ☆
ラッキーなことにチケットゲットできた~。
 

嬉しい!これで、ライブに行けるぞー!
Yoshikiさんに会える!! ( ´艸`) 
 
 
なかなか会えるチャンスなんてないから
チケットが手に入ってすごく嬉しかった。
それに、競争率が高くて入手困難あるいは完売と思っていたから、
チケットが買えた時にはすっごく嬉しかった。
 

意外にもスムーズにチケットが買えたので、ちょっと心配になった。

違うライブのチケットを買ってないよね?!(゜д゜;) 
それに、Will Callチケットって何??

 
と、心配性の私は、いろいろ不安になって、
ライブ当日の入場出来るまでドキドキしていた。
 
 
早速、チケットをゲットできたことを友達に連絡し、
チケットのことなどについて確認した。
友達もライブ会場などに確認の電話をするがつながらないと言っていたが、
「大丈夫だよ!」 というが。。。


“ 大丈夫、大丈夫!! ”
と自分に言いきかせた。


はじめは、「当日は混むだろうから、早めに行こう!」と友達に言われ、
「遅刻しないようにしないと…」とソワソワしていた。

 
前日、友達からの連絡で、
「やっと係の人に電話が通じて、チケットのことを聞いたら、
チケットの予約番号と本人確認が出来るものを忘れないように」
ということだった。ホッ!!


それと、“ そんなに早く行かなくても大丈夫みたい。 ” というので
少しだけ気持ちが楽になった。


 
そして、いよいよライブ当日・・・


それでも少し早めに着いたので、
チケット交換の列に取りあえず並んで待った。
列には、アメリカからだけでなく、
日本、香港、台湾などいろんな所からファンが来ていた。
 
X-Japanは世界的にすごい人気だよね。

 
列で待っている時、Yoshikiがリハーサルに5時前に会場入りすると
友達がTwitterで情報を入手!

“ どこから会場入りするのかな??
正面入口からだといいね。 ” と話していた。
 
 
5時10分位前かな?!
Yoshikiの車がなんと正面入口に到着。
何人かのファンが駆け寄っていった。

Wow! 近くでYoshikiが見られた~!
嬉しいな ~♪。


でも、とっさの時ってどうしていいのか分からないね。
他のファンのようにわぁーと近寄って行けばよかったのに、
足が動かなかったよ。。。(p_-) 
 

 
開場まで、あと何十分、あと何分と入場を待って、
入場出来た時にや~っと心配事からの緊張が解れた。
ホ~~~ッ!!


私たちは前から3列目の席に座れた。

ちょー近いじゃん。 (^ε^)♪ 

 
そして、今か今かとライブ開始を待った。


どこから彼が現われるのかな~。。。
どんな衣装を着てくるのかな??

とワクワクしながらYoshikiの登場を待った。
 

あれっ?? (・。・)?? 
今私の前の方を通って行った人・・・


私たちが入ってきた入口から普通にスーッと入ってきた。
あまりにも普通すぎて、とっさの判断が鈍った。

“ えっ?!Yoshiki ~?? \(◎o◎)/! ” 
 

 
ステージに彼が立ち、ライブがスタートした。
私は、X-Japanのコンサートに行けたことがないが、
コンサートの映像などで観たYoshikiより
リラックスした感じに見えた。
 
 
でも、さすが演奏が始まるとピーンとした緊張感が伝わってきた。

 
しばらくの間、彼の奏でるピアノに酔いしれていた。。。 

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:  ♪~♫~♬
Yoshikiさんステキだ~ぁ。。。


こんなに間近でYoshikiさんの演奏が聴けるとは。。。
夢でしたね~。最高!!



そして、ライブ半ばにトークがあり、とても面白かった。
生い立ちや音楽についても話してくれた。

 
インタビューアの質問に答えてる途中たまに脱線し、
“ で、質問はなんだったったけ?? ”  
とおちゃめなYoshikiさんでした。 o(^▽^)o 

司会者の方はズッコケた感じでした。 (*^o^*)


Yoshiki 
 
また、ファンからのリクエスト曲をTwitterで募集してたので、 
それをその場でチェックし弾いたり、
会場では質問コーナーもあり、とても楽しいライブでした。 


コンサートとまた違った感じで、
なんだかアットホーム的なところがとっても良かった。
あれだけ近くでスーパースターに会えると
ファンはもっと、今まで以上に心囚われてしまうだろうな。。。 


このライブは生放送されたそうなので、
誰か録画した人いるかな…??
ホント、最高のライブでした。

 
ぜひ、もう一度観たいなぁ。。。 

 
また、このようなライブをしてくれないかな。。。
Yoshikiさん、お願いします。<(_ _)> 
 


もしチケットが入手できたら、 
大会場で行われるコンサートにも行ってみたいです。

WE LOVE XXXXX 





 ↓ ライブを終え会場から出てきたYoshiki-san  この後ファンに囲まれて・・・
Yoshiki 
 




この日のライブの模様が紹介されています。

http://www.en.barks.jp/news/?id=1000003080

http://www.grammymuseum.org/events/detail/the-drop-yoshiki

 


あの大惨劇から12年…

20130911
あれからもう12年…

 
あの大惨事、アメリカ同時多発テロが起こってから早12年が経つ。
2001年9月11日という日は忘れられない日になった。
今朝のニュースで約3000人が犠牲となったが方々の追悼式典を見ていた。 
もう12年が経つんだ。。。

犠牲者の家族にとっては辛い日だろうと思う。

 
あの時、自分はどうしていたかとふと思い出す。
みなさんは、自分があの時何をしていたか覚えていますか?


自分は友達とオーストラリアに旅行中だった。

朝起きて、テレビをつけた時
映画に1シーンだと思った。

何度も同じシーンが繰り返されるので、
音量を上げると映画ではなく、大惨事が起こっていた。
友達と食い入るようにニュースを見ていた。


なんでそんなことが起きたのか
はじめは理解できないでいたが、
時間が経つにつれ少しずつ情報が入ってきた。


恐ろしかった。


そして、ニュースでは飛行機の欠航が流れてきた


えっ?!家に帰れないの??
と不安になったのを覚えている。


何日後かに飛行機の欠航は解除されたが、
飛行機に乗るのが怖かった。


 
あの様なことは、二度と起きてほしくないし、
起こしてほしくない。


 
犠牲者の方々へ哀悼の意を表し、お悔やみ申し上げます。


20130911 



 

2020年☆東京オリンピックに決定!☆

2020TokyoOlimoic 

2020年の夏季オリンピック開催地の決選投票が
9月7日(日本時間8日)ブエノスアイレスで行われた。


結果は・・・、「東京」に決まった。

Yeah~!!    くす玉 のデコメ絵文字
 

東京でのオリンピック開催は、1964年以来2度目となるそうです。
決まってよかったね。

 

東京が選ばれると思ったよ!!
うん!


開催地が決定されるまで、
プレゼンなど活動をされていた皆様方は、
大変お疲れ様でした。 決まってホッとしたことでしょう。


プレゼンした人たちの努力が実ったわけで
本当に嬉しいですよね。
自分もとっても嬉しくなりました。 v(^-^)v


2020TokyoOlimoic 



そして、2020年の開催まであと7年。
特に選手を目指す人たちには、
長いような短いような年月だと思います。



あっ! ニュースによるとオリンピック種目で、
レスリングは残ったけど、野球・ソフト、スカッシュが
無くなってしまったんですね。。。 (><;)

 

かなしい・・・ (・Θ・;) 
その種目の選手が一番辛いですね。


 

また開催都市、「東京」と決まりましたが、
それまでに準備すること、解決しないといけない問題もあります。

 


開催までにそれらをまずきちんと片づけなければいけない。
7年では足りないかもしれない。
しかし、これを機に次々と問題がクリアされていくといいなぁ。。。


そして経済効果も上昇することが望ましいですよね。



一番の問題は、震災後の大きな傷跡。
東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題のようです。


このニュースはここアメリカでも耳にします。


やはり水は命の源でもあるし、
生命あるものすべてにとって必要不可欠のものであるから、
きちんと解決しなければいけない問題でしょう。


 

そして、
国外からくる選手たちや応援に来る人たちには
安心して日本に来られるように、
競技後もまた日本に来たい!と思ってくれるといいですね。


大変だろうけど、みんなでがんばろー!! (*^ー^)ノ

 
2020年の東京オリンピックは、
日本だけでなく、世界中の人々とも協力し成功させたいものです。


また、新記録が出ることも期待しています。
(o^-')b

 


自分はどこでオリンピック競技を観られるかな。。。
どの競技かわからないけど、絶対1つはライブで観たい!!なぁ。。。

 


そして、来日した方々に 
日本独自が持つ伝統や文化なども合わせて紹介できるといいですね。
素晴らしい国ジパング!
いいじゃないですか~。 ('-^*)/ 



なんといっても、 
2020年の東京オリンピックをいい状態で開催し、
“ やっぱり、日本(東京)でやって良かった! ” 
といわれるオリンピックにしたいですよね。 o(^-^)o



2020TokyoOlimoic 



 


楽しい芸をありがとう!日光猿軍団

sarugundan
 
 朝のニュースを聞いていた時、
 かつては一世を風靡(ふうび)した「日光猿軍団」が、
 閉園することになったというニュースが流れた。
 

えっ?! なくなっちゃうんだ~。。。 


報道によると・・・、

サルたちの高齢化、
東日本大震災で外国人調教師が帰国してしまい
帰ってこないため、調教師が不足している

などが理由で年内で幕を下ろすことになったそうです。


さみしくなるね。。。


でも、お猿さんは今28匹いて、
大半は10代後半から20才で人間の60代当たるそうです。

確かにもうリタイアしてのんびりしたいでしょう。
 

それから、調教師のほとんどが外国人だったとは知らなかったなぁ。。。
 

悲しいことに、ここでも東日本大震災の影響が出ていたんですね。
震災の傷跡は表に出ていない部分にもたくさん出ています。
 


間中校長の「お猿の学校」は、
テレビなどでたくさんの方がご覧になったことと思います。
 

自分もそのうちの一人で、とても楽しませてもらいました。

 

大分前になりますが、オーストラリアから友達が日本に来た時に
みんなで日光に旅行に行きました。
 

華厳の滝に行く予定の日に大雨が降っていたので、
予定を急きょ変更し、日光猿軍団を見に行きました。


テレビとは違い、ライブで「お猿の学校」を見るのは 
また雰囲気が違って面白かったです。


予期せぬハプニングなどもあり楽しかった。
そして、お猿の学校長のおしゃべりも私たちを笑わせてくれました。


オーストラリアの友達も大笑いして楽しんでいました。
「とても楽しかった」と大喜びでした。
 

思い出しても笑みがこぼれてくる感じです。
いい思い出になっています。
 


「お猿の学校」は年内はまだ見られるようです。
閉園後は記念館になる予定だとか。。。



お猿さんや学校のスタッフの皆さん、楽しませてくれてありがとう。
そして、大変お疲れ様でした。
 

「お猿の学校」はなくなっても、
これからもお猿さんたちを大切にしてあげてください。

 

sarugundan
 
     ↑ クリックすると日光猿軍団の公式ホームページが見られます。





『日米親善Jr.野球大会2013』 2日目!



大会2日目は、午後3時から開始された。
残念ながら第三試合は見ることができなかったが、
最終回は間に合って見ることができた。
 

今日は昨日より風もなく寒くないが、
夜になるとわからないので、念のためダウンジャケットを持って行った。

 
入場受付で選手紹介のチラシのようなものは無いか聞いてみた。
背番号と名前が分かると、 
グランドに出た時にポジションと顔と名前が一致する。
しかし、作成していないとのことだった。
簡単なものでいいので、ぜひ「選手紹介」を作ってほしいですね。
 応援のし甲斐もあるというもの・・・

 

グランドに着いた時は最終回の試合前で、休憩中だった。
ジュニアたちは練習をしていた。
そして、観覧席に向かう途中、
昨日知り合ったお父さんがいらしたので、ご挨拶をしに行った。
(名前は控えてお父さん、お母さんとさせていただきます。)
 


その時、第3試合の結果をお伺いした。
なんとまた、日本チームが「17対2」でコールド勝ちしたそうです。

すごいね~。
 

さて、これから始まる最終試合はどうなるか…
 
 
そして、昨日と同じ席に行ったら、同じ席にお母さんもいらした。
ご挨拶をして、試合が始まるまでの間、雑談をさせていただいた。
 

試合についてはお母さんからすると、試合に勝ったのは嬉しいが、
コールドゲームになってしまい、
試合が最終回まで出来なかったのが、残念とおっしゃっていました。
 

勝っていても、途中で終わるのではなく、
最後の回まで試合をさせたかったようです。
たくさんの試合経験をさせたかったのでしょうね。
 
 
話をしている私たちの横の通路を、小走りに走って行く人がいた。
またその人が戻って来た時、目が合った。
 
その人が、“Hi!”と言って、忙しそうに私たちの横を通り過ぎて行った
 
“Hi”と返事を返したが、なんだか忙しそう。。。

でも、誰? 何やってる人??
 

「忙しそうな人ですね。」と私がお母さんに言うと、
お母さんが、「あの人、さっきの試合で日本語を混ぜて
面白いアナウンスをしったり、カメラマンをやったり、休憩の時は、
子供たちに面白いこと言って笑わせてた、面白い人」
と教えてくれました。

 
記者?!アナウンサー?! 一体何者・・・?!
 
 

そして、試合開始を待っている間、
怖そうなスタッフだなぁと思った人が、
気づくと私の座席の斜め後ろにいた。 
Σ(・ω・ノ)ノ!
 

その人の知り合いなんでしょう。。。
席で居眠りをしていた人の写真を、
そーっと隠し撮りをしていました。

 なんだかお茶目なことをしていました。 ( ´艸`)

 
ニコニコ嬉しそうに写真を撮っているので、
私も思わず笑ってしまいました。 (*^ー^)ノ

 
撮ったその写真は何に使うのかな??
ブログなどに載せるのかな?? 
見てみたい。。。
でもページが分からないよぉ。。。 
 
 
さぁ、いよいよ最終回の試合が始まりました。
 

試合はトントン拍子に進み
日本チームはホント調子がいいです。
今日も絶好調!!

気持ちがいいように打ってくれる!
抑えてくれる!!
 
 
選手たちが活躍しベンチに帰ってくると
野茂監督と選手は拳骨を合わせていました。
この光景が最高にステキでした!! o(^▽^)o
 
自分もやりたかったなぁ。。。
 


そして、最終回の試合もなんとコールドゲーム。
13対0で日本チームの勝利でした!!。 (o^-')b 
 
 
2013年の『 日米親善ジュニア野球大会 』は、
日本チームの全勝で幕が降りました。
 
やったねー。
 
試合結果は、

(第一日目)
第1試合:   6 - 2
第2試合: 15 - 0

(第二日目)
第3試合: 17 - 2
第4試合: 13 - 0
 
 

閉会式後、日米ジュニア選手たちはとても楽しそうに
交流を図っていました。

とっても楽しそうでしたよ~。
 

 
今日も選手たちが横を通って引き上げていくときに
「お疲れ様」と声を掛けると、きちんと挨拶を返してくれました。


応援した人達にも、きちんと挨拶ができる、
マナーのいい選手たちだから野球も強い!!
「礼儀(行儀)が良い = 試合も強い」
だったのだと私は思う。
礼儀作法について野茂監督の教えにもあるのかな??
 

 
ジュニアたちは、翌日はドジャースタジアムに行くそうです。
メジャーリーガーたちや練習風景を間近で見られるいいチャンスですね。
きっと素晴らしい思い出が出来ることでしょう。
 

そして、夢も膨らみいつの日か野茂さんのようにメジャーリーガーに。。。
メジャーリーガーor 夢を目指してみんながんばれー!!
 
 
試合終了後、忙しそうにしていた人と話す機会があったので
聞いてみたら、記者だということが分かった。

記者がアナウンサー??

アナウンサーは当日、会場に来て急遽頼まれたそうです。
それで、掛け持ち仕事をして忙しかったわけですね。(*^。^*)
 
 
その人は記者なので、間近で選手や野茂さんの写真を撮ったり、
インタビューをしていた。
 

わぁ~、うらやましいなぁ。。。 (´0ノ`*) 
 
 
今回は試合を観に行って本当に良かったです。
ジュニアたちのいい試合が見られただけでなく、
球場に来ていた素敵な方々と知り合えたことが
とても嬉しかったです。
 

プロフィール

Author:はじめの一歩

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

 X 閉じる