“初物は東を向いて…” ?!

柿 
 
『初物は東を向いて笑って食べると福がある』という“ことわざ”?!
を聞いたことがあるが、どうして“ 東 ”向きなの??

この言葉を初めて聞いたのは、5,6年前だったかな…
「節分に太巻きを食べるという風習が関西方面にある」という
紹介をしていた番組で知ったのがはじめだった。
“へぇ~そんな諺?!格言があったんだ~” とその時思いました。
 
先日、大屋さんから「柿をあげるね」といって何個かいただきました。
「柿がなり過ぎて、枝が折れちゃったの。」とのこと。
 
しばらく庭に出ることもなかったので、
いつの間にそんなに柿がなっていたのかと
気が付かなかった。。。
 
その折れた枝には、なんと41個の柿が生っていたそうです。
それでは重くって折れてしまうでしょうね。

その枝に生っていた柿をいくつかお裾分けいただいた。
ヤッター!うれしいな~ぁ。\(^o^)/
柿を食べるなんて何年振りだろう。。。

リスもここの柿を持って、塀の上を走って行ったそうです。
持ち逃げ~。(ノ゚ο゚)ノ

 
早速、いただいた柿の皮をむいて食べた。
オイシーイ!! 

と、その時突然思い出した!ヽ(*'0'*)ツ

“ 東はどっちでしたっけ?!”と大屋さんに聞いた。
“ 東はあっち側 ”と教えてもらい、
“ 「初物は東を向いて笑って食べると福がある」って言いますよね?!”
と聞いたら、「へ~ぇ、そうなの?」と言っていた。
あれっ?!知らない??
 
そこで、その言葉の由来を調べてみようと思った。
そして、調べたところ....
特に“ ことわざ ” というわけではないようです。
しかし、どのようにしてこの言葉が生まれたのかな??

まぁ、誰かが初物をそのような状況で食べて、
幸せになったのでしょうね。
良いことだ。(^-^)
 

そして部屋に戻って、方角をよく考えたら、
大家さんが指さした方向は「東」ではなく「西」でした。 
(‐^▽^‐)

まぁ、どっちの方向を向いて食べても、
笑顔でおいしく食べられたら、それでハッピーなことです。
 
う~~ん、おいしいものが食べられて
し・あ・わ・せ~♪ (*^。^*)


柿 
まだまだこんなに生ってます。でも今年は小振りだそうです。



柿

“ 柿食えば、鐘が鳴るなり法隆寺~♪  正岡子規 ”




ミルコ・デムーロ騎手、紳士だな~!

ミルコ.デムーロ騎手 
   ↑ 天皇皇后両陛下に跪き最敬礼するミルコ・デムーロ騎手
 
日本に、「洋式競馬」というものが生まれたのが、
1862年(文久2年)の春、横浜(現在の中区)で居留外国人によって
行われた競馬が最初とされ、150年の歳月を経たそうです。
 

そして、2012年10月28日(日)、
天皇皇后両陛下がJRA東京競馬場へ行幸啓され、        
「第146回 天皇賞・秋(GⅠ)11レース」を御覧になられました。
両陛下が天皇賞を観戦するのは7年ぶりだそうです。
 
 
東京競馬場の天候は曇り、馬場状態は良。
GIレースの天皇賞(秋)は、2000メートル芝で行われ、
ミルコ・デムーロ騎手が騎乗したエイシンフラッシュ号が優勝した。
エイシンフラッシュ号の勝ちタイムは1分57秒3。
2000mつまり2kmを1分57秒3で走るんだから馬ってスゴイな~ぁ。
自分が走ったら何分掛かることやら。。。
 

レースの実況中継を見ると、エイシンフラッシュ号すごいね~~。
10馬身以上も離れていたのに、内側からサササーッと抜いて優勝してしまった。
ヒョエ~~ \(゜ロ\)(/ロ゜)/
 

これは、M.デムーロ騎手の作戦勝ちでしょうか。
2着との差も1/2とほんのわずか。

結果は、ゴールするまでホント分からないもんですね~ぇ。。。
野球は9回裏まで分からないというけど…
なんでも結果は最後までやってみないと分からないもんだ!!
 
 
レースに勝利したデムーロ騎手が、
手でハートマークそれとも丸?!を模り、ファンに喜びと感謝をアピールし、
そして、天皇皇后両陛下の前で、下馬し跪いて最敬礼をした。
  
その姿はとても美しく、素敵に見えた。 :*:・( ̄∀ ̄)・:*: 
 
“デムーロ騎手、紳士だね~ぇ。カッコええな~。。。” と率直に思った。
あの振舞いが紳士的でステキに映った。
 
 
それから、しばらくして…
デムーロ騎手の取った行動に賛否両論の意見が出ていて驚いた。
それは、「レース終了後、騎乗したまま直ちに検量を受けないといけない」
という競馬施行規定がある。
 

検量前に下馬したのが規定違反と問題になっているようですが、
でも、きっとその時、多くの人はそんなこと頭になかったのでは?!
確かに規定は規定。
例外を認めると…って、賛否両論あるようです。



過去に、2005年の天皇賞に優勝した松永幹夫騎手は下馬せず、
馬上から両陛下に最敬礼をした。  
もちろん、彼の最敬礼も紳士的で、とても感動を受けるシーンでした。


 う~~ん、難しい~。
堂々巡りになるな~ぁ。。。
 

私的意見ですが、両陛下ともレースをお楽しみになられたことと思いますし、
たくさんの人たちも喜んでいた様子。
それに、不正をしたとは思えません。
 
ただ、M.デムーロ騎手は、レースに勝って本当に嬉しくって、
彼は、イタリア出身の騎手だから、
自国式の最敬礼の仕方になってしまったのではないでしょうか。
つい、検量のことを忘れてしまって、感謝を表したかっただけだと思います。


自分は、単に彼の敬意の表し方が、
ヨーロッパ的な雰囲気が感じられていいなぁとも思いました。
OKとしてあげたいですね。

 
さて、気になる?!レース結果と払戻金はというと...
 
1着 : 12 : エイシンフラッシュ [ M.デムーロ 5番人気]
2着 : 4 : フェノーメノ [ 蛯名正義 1番人気]
3着 : 6 : ルーラーシップ [ I.メンディザバル 2番人気]
 
 
単勝 12 :1,660円 (5番人気)
複勝 12 :370円  (5番人気)
      4 :140円  (1番人気)
      6 :190円  (3番人気)

枠連 2-6 :1,850円  (8番人気)
馬連 4-12 :3,250円 (8番人気)
馬単 12-4 :8,980円 (32番人気)

ワイド  4-12 :1,190円  (10番人気)
       6-12 :1,350円  (14番人気)
       4- 6 :380円 (2番人気)
3連複 4-6-12 :3,990円  (7番人気)
3連単  12-4-6 :39,520円 ( 123番人気)
 
(データはJRAホームページより)


単勝1枚だけ勝ってても、1,560円はお小遣いになったんだね~ぇ。。。
“ あ~、買っとけばよかった…”って後で思うんですよね~。

まぁ、そういうもんですよ。(*^。^*) 
予想、想像している方が楽しいかも。。。よ!
 


第146回 天皇賞(秋)  
 ↑ 第146回 天皇賞(秋) 実況中継付き


ミルコ・デムーロ騎手 

 ↑ 現地撮影された映像、天皇賞全景が見られます。

ミルコ・デムーロ騎手
 ↑ M.デムーロ騎手勝利ジョッキーインタビューが見られます。 



スカンクに間違えた~ぁ??

スカンク 
アメリカでは、もうすぐハロウィーン(10月31日)がやってきます。
本来は宗教的行事だそうですが、今では楽しいイベントと化しているようです。

子供たちが、スーパーヒーローものや怖いもの、
その年に人気のあったものなど、いろんなものに仮装して、
ご近所を周り “Trick or treat” のお決まりの掛け声でお菓子を集める。
子供たちにしたら、たくさんのおやつをもらえ、嬉しいイベントですよね。
 
しかし、先週末ペンシルベニア州で 
悲しいハロウィーンパーティー事故が起きてしまった。
 
9歳の女の子が、ハロウィーン・パーティー用に
黒いコスチュームと白い羽根のついた黒い帽子を身にまとい
親戚の家のハロウィーン・パーティーに参加していた。
何に仮装していたのかな??

しかし、その女の子は、親戚に“ スカンク” と勘違いされ撃たれた。
 
このニュースを聞いて思わず、
“ え~~~、スカンクに間違えたって~ぇ?!”
“ 9歳の子だよ、そんなデカイ、スカンクがいるか~ぁ??”
とつぶやいてしまった。
 
地域の警察署長の声明では、
夜の10時頃、親戚の家では焚き火をしていて
女の子は丘の斜面で遊んでいたようです。
その時、家主のおばさんは女の子をスカンクと思い込んだようです。
 
そして、おばさんは家から銃を取り出し、
彼女が思い込んだスカンクにライトをあて、
彼女の息子がそのスカンク目掛けて発砲した。
弾丸は女の子の肩と腹部に当たった。スカンクではなく・・・
 
女の子は、ヘリコプターで約30マイル離れた病院で
手術を受けたそうですが、現在、危篤状態だそうです。
発砲した彼は非常にショックを受けているそうです。

それはそうでしょう。
スカンクではなく、自分の親戚の女の子を撃ってしまったのだから。。。

いつもと違って、女の子が暗い丘で遊んでいたのに気付かず、
日常、頻繁にその辺りを荒らすスカンクがいたら、
そこに住んでる者としたら、“スカンク”と思うことでしょうね。

また、女の子が黒と白の衣装を着ていたばかりに。。。
悲劇としか言いようがない。
 
でも、パーティーをしている時に、
熊や狼などの獰猛な動物が出たならまだしも、
“ スカンク” をその時、銃で撃ち殺す必要があったのだろうか?
猛烈に臭いガスは出すけど。。。

女の子がなんとか無事に助かるといいのだけれど。。。
 
しかし、どうして毎年ハロウィーンにこのような悲惨な事故や、
ハロウィーンイベントを装った事件が起こるのかな。。。
残念でなりません。
何とかならないもんですかね… 


ハロウィーンの悲劇 
親戚のハロウィーンパーティーで仮装した9歳の女の子が撃たれた事故のあった現場。



催眠術にでも掛かったの?!

   
 

“ねぇ、みんな!催眠術にでも掛かったの?!”
ってうくらい、微動だにしないね~。。。
 
飼い主の手に何かしらのハンドパワーがあるのだろうか?
ワンちゃんたちの寝顔が可愛すぎる~ゥ。。。
ラブリ~ィ♡ 
 
しかし、飼い主は何を思って、
このワンちゃん達をこの様に並べたのだろうか?
そこが知りたい!!  
 
ワンちゃんたちも人間と同じように
うつ伏せで寝たり仰向けで寝るんですね。
なんともまぁ、この子たちの寝相が愛くるしいんだワン♪ 


 
 コチョコチョくすぐったいワン!!  


 

いましたよ~!大足の人!!

tallestman 

以前、店頭で大きなサイズのスニーカーを見て、
“こんな大きな靴を履く人がいるのかな~ぁ?” という記事を書きました。


いました、いましたよ~! アメリカに!! ヽ(*'0'*)ツ

その人は、
ミネソタ州のロチェスターというところに住んでいます。
彼の名前は、イゴール・ヴォヴコヴィンスキーさん(Igor Vovkovinskiy)。
読み方あってるかな?!

2010年5月18日に身長を測った時に、7フィート8.33インチ (234.5 cm) あり、
アメリカで一番背の高い人と記録されたそうです。

アメリカで一番ってことは、世界にはもっと大きい人がいるんだね。

イゴールさんは、1989年、彼が7歳の時に
ウクライナからミネソタ州のロチェスター(Rochester)というところにやって来たそうです。

その時すでに彼は、身長6フィート(約183cm)、体重200ポンド(約91kg)あったそうです。
しかし、生まれた時は、普通のサイズだったそうですが、
生後6か月で、1歳の子供と同じ位の大きさで、
彼が1歳の頃には、3歳の子供と同じ位の大きさだったそうです。

ワァオ!! 成長が早かったんだね。

イゴールさんがアメリカにやってきたのは、
彼に
下垂体腫瘍 が見つかり、キエフやモスクワでは治療されなかったので、
彼の母親が息子を助けるため、治療してくれる所を必死にあちこち探し出し、
結果、アメリカで手術を受けるためにやって来たそうです。


彼が5、6年生の頃、バスケットボールを続けたかったそうですが、
誰も彼に合う靴を作ることができず、プレーするのを諦めたそうです。
自分の足に合う靴のサイズが無くて、夢を諦めたなんて。。。
かわいそう~。。。

しかし、彼の24 10Eフィート” の靴をカスタムメイド(特注)すると
ナント、$16,000掛かるんだって!!
ヒョエ~~~。。。 私の靴は何足買えるだろう??

そして、医療費に掛ける分をフィットした靴に費用を充てられるよう
保険でカバーしてくれるよう要請したが却下され、

Facebookでそれについて投稿したところ、メディア等に広がり、
多くの寄付金が集まったそうです。

そして、名乗りを上げたのが、Reebock社” です!
彼の足の形、寸法を測るところから、
靴が仕上がるまでをナント!$25,000を無料で提供したそうです。
それに、スニーカー三足も!! ヨッ、太っ腹!! ☆(^ε^)

イゴールさんは、自分の足に合う新品のスニーカーを手にし、
その時の彼のとても嬉しそーうな顔が印象的でした。
ホント、すっごく嬉しかったんでしょうね。

今まで履いていた黒の革靴は、グリップもなければ、
靴底も平らでカーブもないので、歩くのが非常に困難だったようです。

スリッパを靴にしたみたいな感じかな??


普通サイズの人たちには、まず、靴屋で自分のサイズがないってことは、
考え難いことですよね。
そして、自分の足に合うサイズの靴のない辛さ。。。。

やりたいスポーツも諦め、外出もできず・・・
耐えられませ~ん。 大きいってのも大変だ~ぁ。

しかし、今回 “ Reebok社 ” のご厚意で、素敵な靴が出来上がって良かったですね。
踵にも靴底にも彼の名前入りなんて、おしゃれじゃないですか~♪

いいな~。。。“自分の名前入りの靴 ”

今まで長い間、靴を履くのが苦痛だったそうですが、
これからは、快適に歩けますね。 (^^)v 
いろんな所に行ってみてくださいね~。

しかし、人間ってどこまでデカくなるんだ~ぁ??? 



tallestman 
CNNの人気キャスター、アンダーソン・クーパー氏がかわいく見える~♪

tallestman 
ファーストレディーのミシェル・オバマとイゴールさんの母親 
お母さんは大きくないね。




気分はイタリア♪

italian 
金曜日と土曜日だけ、生演奏をしているという
イタリアン・レストランに行ってみた。
お店の名前は、“IL TOSCANO”
 
待ち合わせ時間の頃にお店を探して行ったところ、
店の前の通りに車が何台も停まっていたので、
“えっ!駐車場ないの?!”と焦った。
ゆ~っくり車を走らせ、店の横の方を曲がったら、
ありました!!そうだよね、駐車場がないわけがない。。。
友達も駐車場が見えず、一瞬焦ったそうです。ハハハ...(*^。^*) 
 
そしてレストランに入り、
ウェイターのおじさんが予約者名をチェックし、テーブルに案内してくれた。
テーブルに行く途中、“この曲は君たちのためにだよ!” と言うので、
“えっ?!そんなサービスしてるの??”とウキウキしてしまった。

何の曲かよーく聴いてみると、「上を向いて歩こう!(=SUKIYAKI)」だった。
“あ~ぁ、SUKIYAKIだからそう言ったんだね”と友達とニッコリ。(^-^)
 
私たちの隣のテーブルでは、ご夫婦が食事をしていた。
テーブルに着き店内を見まわしたら、
壁に弦楽器がいくつか飾ってあった。
 
最近、「ウクレレ奏者のジェイク・シマブクロのコンサート」の宣伝を
何度も耳にしていたので、壁に掛けてある楽器を見た瞬間、
思わず、“ ウクレレ?!何でイタリアンでウクレレ?!ウクレレってハワイだよね?”
と友達に確認した。
友達もとっさのことで、“マンドリン”が思い出せなかったようで、
“なんでだろうね?” と言っていた。
 
メニューを決めていると、ピアノの演奏が始まった。
「オーソレミーヨ」をはじめイタリアの曲や
「Music Box Dancer」、「Sukiyaki」なども弾いていた。
 
何曲か後で、ピアノに加えて弦楽器が加わった。
隣のテーブルで食事をしていた奥様が、
私たちに、壁を指さし“これらのマンドリンを使って演奏するのよ”と教えてくれた。

そして私たちは、“あー、マンドリン(mandolino)だ~ぁ!”と。。。
きっと私が “ウクレレ” だとか “バンジョー” とトンチンカンな事を
言っていたのが聞こえたのだろう。
正しい楽器名を何気に教えてくれた。(^^ゞ 

“初めて、このレストランに来たの?” と聞かれたので、
“はい、そうです。初めて来ました。” と答えたら、
“こんな曲をリクエストしたら弾いてくれるわよ” など
いろいろお店情報を教えてくれた。

そのご夫婦は、ほぼ毎週末このレストランに来ているとのこと。
いいね~。 
 
まぁ!ナント!!、マンドリンの弾き手は、さっき席を案内してくれたおじさんだった。
そして、あの映画 「ゴッド・ファーザーのテーマ曲」がかかったときには
思わず、“ Oh~!! ” と言ってしまい、
頭の中では、マーロン・ブランドとアル・パチーノの顔が浮かんだ。
 
さて、肝心の食事はというと。。。
「ビーフのカルパッチョ」と「シーザーサラダ」、「パスタ3種盛り合わせ」をオーダーした。

ビーフのカルパッチョは、私が想像していた肉の厚さと違っていた。
アメリカなので、もっと厚いものが出てくると思いきや、
超~薄切りにスライスされていた。
久々のカルパッチョ!おいしかった~ぁ。☆(^ε^)

シーザーサラダもなんだか久しぶり~。
野菜がシャキシャキしていた。
 
パスタはニョッキとペンネ、ラビオリの盛り合わせ。
それぞれのパスタのソースも違い、一度に3種類を楽しめた。
ニョッキはもう少し硬めでもよいと思ったが、特にこのソースが気に入った。

そして、オーダーの時に、シェアをすると言ったら
既に取り分けて持ってきてくれました。
気が利くね~。(*^。^*) ~☆

素敵な音楽を聴きながら、楽しく食事ができました。
なんとなく優雅な気分~♪  

店の雰囲気も良かったし、食事もおいしかった~。
そして、ピアノを弾いていたおじさんもバンジョーを弾いていたおじさんも
気さくな方たちで、楽しく食事をすることができました。
 
たまには、雰囲気を変えて、
生演奏を聴きながら食事をするのもいいものです。
 


* * *  レストラン情報 * * *


 IL TOSCANO
24590 Hawthorne Boulevard
Torrance, California 90505
(310) 378‐2686



 

ア・リーグ チャンピオンシリーズ

イチローチェンピオン戦 

アメリカンリーグ チャンピオンシリーズ
(American League championship series)第4戦、
ヤンキース対タイガースは、1対8という結果で終わった。
ヤンキースは、チャンピオンシリーズで4連敗してしまった。
残念、トホホ... (;_:) 

優勝を決めたのはタイガースで、2006年以来6年ぶり11度目の
リーグ優勝だそうです。 
 
スポーツ紙によりますと、イチロー選手は、
「悔しい思いしかないです。ただ、こういう気持ちは久しく味わっていなかった。
いろんな時間を与えてくれて、最後は負けてしまいましたけど、
本来持っている気持ちを思い出させてもらって、感謝の気持ちしかないですね」
と、コメントしたようです。
 
そりゃ~悔しいでしょう。
こういう時、「モグラ叩き」をするのがいいかも。。。(・_・;)?! 
でも、イチロー選手なら、それを次の新たなステップにすることでしょう。
 
チャンピオンシリーズでは、ヤンキースは残念な結果でしたが、
“ ワァー!” と叫んだり、
“ キャ~” と言ったりファンの一人として、
ゲームを大いに楽しませていただきました。
ありがとうございました。(*^_^*)

次は、“ 侍ジャパン” で待ってま~す。(*^ー^)ノ☆ 
出場しますように。。。 



イチロー  




プロフィール

Author:はじめの一歩

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

 X 閉じる